◆◇ときどき日記します◇◆ rusiedutton事、思った事、感じた事、情報などをお知らせします。 れぷれルーシーダットンらぼ 大西麗子より
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 6 7
9 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
れぷれルーシーダットンらぼ
HN:
主宰 タイヨガルーシー師範  Yogamassageschool    Thailand公認日本講師       大西 麗子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1963/09/20
自己紹介:
สวัสดีค่ะ (こんにちは)
れぷれルーシーダットンらぼ
主宰  大西麗子 です。
大阪出身。
京都長岡京市 平成2年から在住。
→プロフィールの続き
お問合せ連絡先
なんでも連絡くださいね^^
facebook
バーコード
ブログ内検索
 

ヨガ教室検索はYOGA ROOM

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10

でっかい仏塔



Phra Pathom Chedi

車に乗って
ドコイクの?

行き先わからんけど
連れて行かれたって感じ
車のエアコンがなんとも
身体を冷やしてく
到着
降りると
暑くて

この繰り返しは
身体にとてもヤバイかも。

美味しーーい
センバーミーの店
マジで麺が美味しかった
肉はアヒル
血の塊
いつもは食べないんだけど
アヒルの血だろうから
って味見がてら食べたらば
全く臭みなし
ぺろっと平らげた。

お寺の塔の中には入れません
周りは歩けます。
塔の外側でお坊さんが
勉強してはります。

寝てるお坊さんも居れば
一生懸命のお坊さんも居る

お坊さんだけど
普通の学校授業と同じような雰囲気

お寺の外には市場がありました。
屋台もありました。

思い出のために
何か買うことにしました。

15時半くらいに
バンコクに戻りました。

拍手[0回]

タイの学校の今

校長コング先生は元気ですよ

いつものながら

体型が変化するのがおもしろい
ほっそりだったり
マッチョだったり
ぽっちゃりしてたり
疲れてたり

午前中の授業がなかったので
私が今、挑んでる事を
ゆっくりと話すことができました。

新しい名前に変更したのは
他のマッサージ学校のイメージと
同じになりたくないのかな
マッサージではなくこれはアートなんだ
だからアートやヒーリングとして
これからは表現したいんだって。

それは
まさしく

私がルーシーダットンを
タイヨガルーシーと名前を変えた
あの遠い昔を思い出させた。

数年前から
タイヨガルーシーすら
名前を変更すべきなのでは?
と思案中です。

新しい名前が見つかんないので
このまま来てます。
アハハハ

次の日
タイの友達がお寺に連れ出してくれました
遠い場所でしたが
とても楽しかったんです。

3日目の朝
熱で目が覚めました。
初日から昨日まで
冷房、車の冷房、これにやられました。

ここから1日半
部屋で寝たきりになり
薬を買いに行くのも必死。
薬を飲みまくりました。

それでも
前半バンコクにて
することは完了。

サラブリ県へ行くこととなりました。

拍手[0回]

朝のゆっくりな動き


朝のルーシーダットンの時間

もう太陽は高い位置に来ています。
この場所はいつも日陰。
夏は涼しく心地良い。

4名の女性のみなさんが
早起きして体を動かしに
来ています。

ゆっくりと動くこと
深く呼吸をすること
身体の隅々まで
感じながら。

今朝は
言葉としては要点だけ
最小限の事を
お伝えしながら行う
朝の動きでした。

少ししか動かしてないのに
ゆっくりなのに
汗が出る出る。

身体って本当に
面白いですね。

次回は、
8月27日
9月3日、9月17日
すべて
日曜7時半から8時まで。
JR長岡京駅前バンビオ公園広場

一緒に身体を動かしてみましょう!
身体の中の新しい発見
新しい自分を
見つけに来てくださいね

拍手[0回]

熱意の朝ルーシー



皆さん
朝早くから
お家を出てきて

電車に乗って
JR長岡京駅前まで

朝7時半ですよ
始まりは早いですね
しかも日曜

熱意がなければ
できない行動です。

気持ち良く
朝のルーシーダットンを
行った日曜日

お体が芯から
目覚める感じだそうです。

次回
8月6日と27日
7時半から8時まで
雨でも行います。
参加無料
お申込み入りません
飛び入りで参加OKです

一緒に体を
動かしましょうね

お待ちしております

拍手[0回]

やさしい手すり


1ヶ月前、気が付かなかった。

もっと前から
こうなっていたのかな?

思わず掴んでみた。
そして
降りてみた。

安心感と
楽しさ

下まで降りて
見上げてみた。

すべての手すりを
これにして!

そう思いながら
画像を撮りました。

登るより
降りるほうが
怖いんですよ。

これは
南海線の三国ヶ丘駅

京都十条防災センターの
老人シュミレーションの
復活を希望します。



拍手[0回]




graphics by アンの小箱 * designed by Anne