◆◇ときどき日記します◇◆ rusiedutton事、思った事、感じた事、情報などをお知らせします。 れぷれルーシーダットンらぼ 大西麗子より
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
れぷれルーシーダットンらぼ
HN:
タイヨガルーシー師範   Yogamassageschool    Thailand公認日本講師       大西 麗子
性別:
女性
自己紹介:
れぷれルーシーダットンらぼ
主宰  大西麗子 です。
大阪出身。
京都長岡京市 平成2年から在住。
→プロフィールの続き
お問合せ連絡先
なんでも連絡くださいね^^
facebook
バーコード
ブログ内検索
 

ヨガ教室検索はYOGA ROOM

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

父母の様子

昨年の父の肺癌摘出手術後
転移なく今も過ごしています
お盆に帰らないのは
いつものこと

日程が空いていたので
実家に行って見ました

肺機能のリハビリをしてほしいが
なにもせず
パソコンに向かうばかり
新しいもの好きな父に
良いものを見つけた

真剣に遊んでいます

晩酌を一口飲む前に
お父ちゃんマッサージしよ!
エエわ 言われた
そりゃそうだ
目の前に飲もうとしたグラス

でも飲んだら
できなくなるから
ダメーって別室に強制連行

もう以前のように
行えない
ゆるゆるな
やさしーーい
ふにゃふにゃ戦士の出来上がり!
それでちょうどいい

次の日
朝ごはん
母に もー時間ない!
って言われたけど
15分だけね

終わったら
母はあーー
スッとしたわ
血流が動いて気持ちいい

そんな言葉を聞きながら
玄関を出て
別れました。

私は姉妹の中で
一番遠い所に住んでいます
とはいえ
京都と大阪間、しかし
実家には滅多と帰りません

なぜかな?
わかんないや
答えがみつからないよ

母は大動脈瘤があるの
と自慢します
それ自慢したらあかんやん
大動脈を圧迫することは
できません
内蔵は表面的です
でも、お腹はスッキリ感覚が
あったと思います

私のすることは
親にとって迷惑か否か?
わからないけど
私ができることは
こんなことしかできないです

拍手[0回]

背中が痛い


しばらく実家から遠退いていた

右肺下葉全摘オペを
無事終えた85歳の父

体の縮みに気づいてない

寝違いや咳したら痛い
腕は上がる、って?

実際に試してみると
全然上がってないのよ

それでね
簡単なストレッチをしただけ
サポートするだけ

ココまでできたら
OKだわ

結果
自分でやってみて

腕は上がるから問題ない
背中もさっきより痛くない

腕がどれだけ上がるようになったかも
自覚できてないみたいな感じ

とても
動きやすくなったことも
まえと変わらん
みたいなことを
私は言われるが

そこをどうこう言うより

画像まで上がったり
首が動くようになったことを
確かめてそれでOK

私が行ったことを
本人に認めてもらえないのは
とても残念だが

認めてもらうために
したわけではない

動けるように
痛みが少しでも
マシになり痛みがあったことを
忘れてしまうようになる事が
目的だから。

身内に行う難しさと
他人に行う難しさは
ぜんぜん違いますが

目的は同じ。

同じように
自分自身で行う自分の体
これは別物で

できたときは
上手にできたね

って
褒めてあげましょうね

そしたら
良いことが次々に
起こってきますよ

来年に向けて
ちょっぴり
自分の体のことを
褒めて扱ってみてね

拍手[0回]

ありがとう

皆さん
誕生日のプレゼント
ありがとうございました。

誕生日の当日は
誰もいないお家に
独りでした。

誕生日前と誕生日後

皆さんからお気持ち
頂き本当に
嬉しく思う

55歳のおばさんですが

これからもよろしくお願いいたします

今年は公私共々
沢山の出来事があり
もう飽和状態

来年から少しずつ
以前のペースに
戻したいなぁと思っています。

中を
内を見つめ直す
この一年にしたいと思います。

拍手[0回]

無事退院しました


タイヨガルーシー大阪福島教室
レッスンと同じ10時半に退院

これからが頑張ってほしい
父は家に帰ってこれて
とっても安心したのか
泣いたらしいです

そりゃ本人が一番
大泣きしたい出来事
癌告知

なんともないよ
みたいな態度だから

私達もなんともない態度で
接してました

自分が原因で
家族が言い合いになったり
縺れたり
それも気がかりだったと思います

病院では気丈に振る舞っていましたが

もう二度と
自宅に帰れないと言う覚悟で
入院したんだろうと思います

もちろん
それは家族みんな一人一人
同じだったでしょ

こんなに早く
退院できてとてもラッキーだと
思います

転移の可能性もあるけど
それはこれからの別問題な話
今すぐどうこうということではない

レッスンが終わってから
実家へ行きました

フルーツの盛り合わせを
お祝いに買って
みんなで食べました。

お薬の仕分けをする
入れ物を買ってきてほしいとのこと

病院で使っていたものと
同じものが見つかり
それを見た父は
とても嬉しそうでした

絵を描いてまで
同じ形のものが欲しかったらしいです

たった100円の入れ物でも
欲しいものが目の前にあると
気分も良くなりますよね

ちょっと安心したけど

父は
自宅に帰ってきたら

心臓がバクバクする回数が多い
色々いつものように
してしまうからかな

用心しなあかんわ

今回の手術で
新しい心房細動が発見され

病院ては自覚ない
と言っていたけど

自宅に帰ったら
自覚あるみたいです

階段なんて
まだまだ禁止よ!

せやな

と言ってくれました

これから
何かあったら
走っていったり
泊まりになったり
するかもで

なんとかレッスンに
影響しないように
努力します

皆さんよろしくお願いいたします

拍手[1回]

なんとか無事


7月9日に入院から
12日に手術して
手術後3日間
全7日間 すべて病院へ行きました。

母親は12日に体調を崩し
結局、私が付き添いや様子

流石に私も疲れた

手術翌日
座りそして立ち上がる

すごい

2日目
歩行

3日目
点滴など
管がとれて

身動きがかなりできるように
なっています

もー大丈夫と判断するのは
まだ早いけど

よかったです

ちょっと安心してます

拍手[0回]




graphics by アンの小箱 * designed by Anne