◆◇ときどき日記します◇◆ rusiedutton事、思った事、感じた事、情報などをお知らせします。 れぷれルーシーダットンらぼ 大西麗子より
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
13 14 15 16 17
20 21 24
25 26 27 28 29 30
れぷれルーシーダットンらぼ
HN:
主宰 タイヨガルーシー師範  Yogamassageschool    Thailand公認日本講師       大西 麗子
年齢:
53
性別:
女性
誕生日:
1963/09/20
自己紹介:
สวัสดีค่ะ (こんにちは)
れぷれルーシーダットンらぼ
主宰  大西麗子 です。
大阪出身。
京都長岡京市 平成2年から在住。
→プロフィールの続き
お問合せ連絡先
なんでも連絡くださいね^^
facebook
バーコード
ブログ内検索
 

ヨガ教室検索はYOGA ROOM

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7

やっと帰れる



本日ほんとに退院出来ました!
妹が病院へ行ってくれました。

私は実家へ母親側で
待つことにしました。

帰宅してから
生徒さんに頂いたwifiルーターを取付。
スマホの環境が快適になりました。感謝。

タブレットを買って母にあげようと
思ったが品切れ、また今度。

実家に帰宅したら
父がいきなり

車は乗っていくなと言う。

医者から次の検診で
大丈夫と判断するまでは
車運転を禁止されたのだ。

そう、梅田のあの事故のように
なったら大変。
医者から禁止されてる人は
事故を起こした場合、
保険加入していても全くでないのだ
しかも損害賠償となり
残された遺族は大変なこととなる。

しかし
車があると絶対に運転する
京都に乗っていくと
もー乗れない

車取り上げ!

しかし
猛反対!

父はビールを飲んだ
酔っぱらって眠くなるだろう
こっそり乗って帰ってやろうと
粘っていた。

しかし
酔いもしないし
寝もしないし
風呂にも入らないし

父は私が泊まっていくのか?
布団敷くか?
とか聞いてきた。
泊まる用意してきてる。


車を京都まで乗って帰るなら
夜が渋滞ないし。

あれこれ考えて

娘が運転練習したいって
娘に電話させた。

すぐ
OK

ニコニコです。
父は諦めたみたいですね。

車と別れる時
子供が宝物を奪われる様な顔つきで
パジャマで外に出てきたよ。

すいません
大事なこの子預かります。
ゆうて

やっと京都へ

眠い。
疲れた。

今日
退院したところで
父と口喧嘩したくないし
ジーっと時が来るのを待っていたが
孫の声と内容に
デレデレだよ!

これで
毎日、安心して過ごせます。
父は運転する車がないんだから。

帰宅して何気に撮影した車に
写し出されたものは!


これ!つけっぱなしで
大阪から京都まで、、、Σ(゜Д゜)

拍手[3回]

長い1日が終った!

朝5時10分起床、
6時半には電車に揺られ。
どこ行くって?父の入院先。
本日11時心臓の手術
手術前に会うためには
こうするしかなかった。
7時半病院到着。

7時55分点滴開始。

10時に来るはずの末っ子が
9時に来たので
私は福島駅へ向かう

タイヨガルーシー大阪教室
月2回 祝日でない月曜
10時半から60分

レッスンを終え
また病院へ戻りました。
もちろん父の手術は始まってます。

妹の分と私の分
父が戻ってきても
安静の時間を入れると
長期戦だから

沢山食べ物を買い込んだ。
赤飯も用意。( ゜o゜

だらだらと食べていたら
13時40分に病室に戻ってきた。

約2時間のオペ。
笑顔で部屋に戻ってきた!
めっちゃうれしかったわ!

予想はしていたが
右心室を急遽
壁を突き抜けて
左心室へカテーテルを入れ
処置

うまくいったとのこと。

安静
カテーテルを入れた場所が
開かないようにするためだ
脳梗塞の薬で
血液が凝固しないようにしているから
普通より沢山時間がかかる

やっと時間が来たが
もう一時間延長らしい


それでテレビ

やっと解除されたのは
18時半
動けるようになった。

それから
食事。

先生が様子を見に来てくださった
カンファレンスがあるから
詳細は明日18時
私は行けない。

妹に託そう。





拍手[2回]

Wで大変やわ!

昨日、14日の
心臓カテーテル手術の為、
父は入院をしました。
その事前説明を
母と妹達が聞きに行きました。

帰りに
母が病院内で吐き下し、
同じ病院で診察してもらい
薬を処方され自宅へ。

医師は、
あなたの持ってるウイルス菌は
これから手術をする父には
危険すぎるので
術前も術後も面会禁止。
とのこと

母は付き添うこともできなくなった。
ということは?
娘達が!

私は?妹は?
いつ行ける?
明日は?
月曜は?

シフト組む感じになってきた。
なんの問題もなく
オペが終わり
退院してほしいと願うばかりだ。


病院で
緊張してることを
隠してるだろう父に
足の指先からやってみた

すぐナースセンターから
看護師さんが走ってきた
大丈夫ですか?
心拍数に変化があったんだろうね

触ってるか
触ってないかくらいの
弱い接触なのにね
それだけ
足の反射区の効果の証拠
ものの3分としないうちに
父は爆睡

ちょっとの、間だけど
安らいだかなぁ?

腕までしたら
ちょうど夕飯が来たので
起こして

鯖に当たったことが
あるので
Xさば

思わず笑ってしまった!


心拍数でチェックされてます

病院きらいです、私。

その後、
タイヨガルーシー北花田教室
がんばって向かいました。


14日 オペです
タイヨガルーシー大阪福島教室
すぐ後に
また病院へ駆けつけます。

脳梗塞のお薬飲みながらのオペ
出血したら止まりません
そんなリスクのある手術です。

何かあれば
今日が最後の日なると思うと
さびしいが

そんな事を考えるより
退院して
母のウイルスが感染しないことを
考えよう!

拍手[1回]

赤飯で

昨日、娘が禅寺修行から下山した。


生徒さんから餅米を頂いていたので
それでお祝いの赤飯を炊いてみた。

なんで赤飯って
質問が家族から出るかと
期待していたが、
全く反応なし。

赤飯は
私の自己満に過ぎないんだろう
私の中の記念日
と言うことにするしかないかな

娘は帰宅したら
機関銃のように私に話す。
聞いてるようで聞いてない
聞いてないようで聞いている

話の中で
お母さんがいつも言ってる呼吸
お母さんがいつも教えてる動作
お母さんがいつもしてる姿勢
おんなじやってん

妙心寺の花園高校だったので
知ってるお経があって
なんか懐かしく安心感あった

とか
そんな感じ、
彼女が何らかの答
もしくは
何か変化した証拠だろう

自分を少し見つめることが
できたんだろう

和尚さんいくつ?
どんな人?

なんだか
私と同い年だったらしい

国際的な交流も
ちょっとできたらしく

よかったという感想だ!

また行くのかなぁ?

ハハハ
なんでもしたらいい
全部
経験や!

拍手[1回]

母の文部科学大臣賞授賞



私じゃないの
母はこれで2回目の受賞

会場に入るなり、正面に
母の作品は展示されていました。

画像を撮りまくってる私は
妹に指摘され
ハッと気かついた!


撮影禁止の文字見つけたのだった
すいませーーんm(._.)m
しかし母の作品ですので
大丈夫だったみたい。

恩師 高橋昌博先生と母
先生はお足元が不自由な為
腕を組んでいますが
これは介護です。
ラブではございません
悪しからず(^o^)

お祝いに
駆けつけてくださった
FさんKさん
ありがとうございました

拍手[1回]




graphics by アンの小箱 * designed by Anne