◆◇ときどき日記します◇◆ rusiedutton事、思った事、感じた事、情報などをお知らせします。 れぷれルーシーダットンらぼ 大西麗子より
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
13 14 15 16 17
20 21 24
25 26 28 29 30
れぷれルーシーダットンらぼ
HN:
主宰 タイヨガルーシー師範  Yogamassageschool    Thailand公認日本講師       大西 麗子
年齢:
53
性別:
女性
誕生日:
1963/09/20
自己紹介:
สวัสดีค่ะ (こんにちは)
れぷれルーシーダットンらぼ
主宰  大西麗子 です。
大阪出身。
京都長岡京市 平成2年から在住。
→プロフィールの続き
お問合せ連絡先
なんでも連絡くださいね^^
facebook
バーコード
ブログ内検索
 

ヨガ教室検索はYOGA ROOM

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7

日本では、、第二弾 御一行様


27日にお別れをした日

同じチェンマイでお世話になりました
先生が長浜市の
日本の祭りに参加するため
来日。

あれだけ
連絡をしてくださいと
申しておりましたのに
そして
連絡をすると返事も頂いてたのに

全くなし

ほんとに来てるのか?
それすらわからない始末

28日に
コンタクトを取ると
今、清水寺とのこと

日本に来てるやん!

長浜2日連日通いました。

プミポン国王様がお亡くなりになられ
喪に服す舞踊でしたが
素晴らしい
舞踊を楽しめました。

その後、
明日だけそう関空に行くまでの時間
大阪に滞在

まず大阪城です。
途中、記念撮影で

なかなか
大阪城までたどり着けないのです。

博物館3つ行きたいって
頼まれていたのに
そんな時間はどんどんなくなり
私の顔から笑顔が
消えていきました。

やっと大阪城に来ても
天守閣には登らないとのこと。

えええ!
その後
ショッピング組と
博物館組に別れ

私は博物館に
アクセスするお手伝い
だめだ

国立民族学博物館しか無理だわ

その後、どーするか?
途中、もう一つの博物館
でも、5pmで閉館。

どーします?
ショッピング!

オニツカタイガー買いたい
100均行きたい
GU行きたい

そしたら
もー心斎橋へ
直行ね

そして
寿司食べたい!

ホテルの側に
くら寿司あるんやけど
心斎橋で食べたほうが
思い出になるかな

その辺ぶらぶら
店の名前覚えてませんが
高知の藁焼タタキがあり
寿司 造り うどん
色々あるのでそこに入りました

奥に案内されたが
かなりの空気の悪さ
タバコ臭い

出ようということとなった

入り口付近は空気が
いいとのことで
席を変わって
その店で食べました。

店を出ると
次は歩いてホテルまで帰るとのこと

うん
ホテルまで歩いて帰るのは可能
だがしかし
連絡できる携帯は電池切れの
タイ人さん
もし、道に迷ったら
搭乗に遅れてしまう

そんな危険な事は
させられない

いいえ
地下鉄でホテルまで
帰りましょう!

無事ホテルまで
送り届けて

荷物をバスに積み込み
最後のお別れ

またチェンマイで会いましょう



沢山楽しい時間を過ごせましたよ
楽しかったよ

また日本に来たときは
連絡してね

早めに
日本に来てからでなく

タイで予定が決まったら
すぐね

よろしくでーーす



拍手[0回]

日本では、、第一弾 御一行様


10月21日から27日まで
チェンマイでいつも
お世話になっております。

ホストファミリーのパパさんが
高校生と共に来日。

会えるか会えないか?
連絡がないので
恩返しができぬまま帰国かしら?

そう思っておりましたが
時間が作れて

ユニバーサルスタジオジャパン内にて
街合わせることとなりました。

彼はショッピングがしたいので
早々出たかったんですが
他の先生達にとても気を使い

なかなか
出られない状態でした。

結局
他の先生も出て買い物したかったらしい
それに気が付いたパパさん
でもね
もう買い物するほどの時間が
ありませんでした。

諦めて
生徒さん達が
満喫して出てくるまで
待つ結果となり
見ていて歯がゆい感じがしましたね

ユニバーサルスタジオジャパンから
リムジンバスで関空に向かう予定

バスの乗り場
チケットの買い方
いくらで
必ず全員揃って帰国するには
時間厳守ですね

出発を見届けて
京都へ帰ろうと思っておりましたが

もういいよ
バイバイと言われ

なんだか
冷たい
水臭いなぁ
とは思ったけど

やはり
私が京都に帰って
レッスンがあるから

気を使って下さったんです。

まだ時間余裕あったけども
気を使わせるということに
私も心苦しいので

サッサと立ち去りました。

楽しかったのかなぁ?
もっと沢山のことを
してあげたかった

できなかった

でも
ちゃんと
帰国することこれが
最終日

帰りの飛行機に乗り込んで
初めて
気持ちもリラックス
するんだろうなぁ


27日16時にお別れしたけど

次のタイからの訪問が
この日に到着するのです。

拍手[0回]

タイの王様

プミポン国王様

ご冥福をお祈り致します。

本当に最後まで
タイの人々の王様

私もタイに何度も
行き来してきたのも
王様の存在があったからだと
思います。



ご冥福をお祈り致します。

拍手[1回]

奇跡の再会


急に旅立った
しかも手ぶら
スーツケース無し!
誰にも連絡をしていない

みんな日常忙しいだろうし
誰にも会えないだろう
ならば
深夜までやってる
ナイトマーケット近くの
ゲストハウスて滞在。
そすれば
一人でも時間は過ごせます。

バンコクで
ASIATICと言えば
往くことが出来る場所。

この再会は
もうこのゲストハウスを
決めたときから
始まっていたんだと思うと
鳥肌もの。な話。
長くなるのでご了承下され!

まず
早朝到着
ゲストハウス
チェックイン7時
普通に部屋に
通してくれる。

窓からは
ASIATICの観覧車が見えるよ

ニコニコ笑いながら
オーナーさん
中国の方なので
中国語飛び交うゲストハウスだ。

初日、夜ASIATIC,
29日
バイクタクシーの詰所みたいな
場所へ行くとそこに美容室
誰も客人いないので
頭洗えるか聞いてみた。
OKとのこと
150Bだった。

30日
学校の前にある美容室
100B
ここは校長の奥さんが
紹介してくれたところ

31日
少し早めだけど
空港に向かうことにした
ゲストハウスのママさん
1番のバスで駅まで行けるよ
このバス停で待ちなさいね
って教えてくれた。

バス停
待っていると
最初に行った美容室
バス停道はさんで向かえ側

お客さんいるか?
いないよな?
営業してる
頭洗ってから飛行場行っても
時間は余裕だな

バス停から
バス待つのやめて
頭洗いに美容室へ

男性が中からでてきて
日本語で対応してくれた
ひっくり!
ブロー仕上げは女性。

ブロー始まった頃
お客さんが何名か来たけど。

また一人
入ってきた。
鏡に女性の顔が写し出された時、
一瞬、疑ったが

どー見ても
彼女だ
他人の空似かも
でも
名前を3回呼んでみた

彼女は2回目3回目の間に
表情を変え

お互いの距離が急接近
強くHUG!

お互いに
信じられない
再会に
彼女は涙ぐんでいた。

もー何年も会ってないし
どこで何をしてるかも
わからない
そんな状況下だった。

なんで?
お互いに聞きあう

私は向かえのゲストハウスに
滞在してて
たまたま今、空港に行く途中に
気が変わって
ここに来た

彼女は
この近くのマッサージ店で
仕事をしてて11時からの予約
あるとのこと

そのマッサージ店は
わたしが徒歩で散歩中に見つけて
フラッと29日に行って
よかったから
昨夜も行った店だった

ええええ
お互いが確かめ合いながら。

私は帰国

また今度会うよね?
彼女はfacebookを
教えてくれた。

最初に会ってから
もう6年の歳月が経っている

私は
美容室へ行ったことが
彼女との必然的再会
と感じていたが

実は
このゲストハウスに
決めたときから
だったことに
最近になって
感じるなようになった。

今回
急遽バンコク入りした
意味だったのか?

巡り合わせとは
必要な
凄いタイミングで
起きるのだなって
思います。

そう

タイヨガルーシーで
私と貴女が
出会ったきっかけは?
お友だちだったから?
勤務先がおなじだったから?
子供の関係?
インターネットで見つけたから?
歩いてたらあったから?

どれもこれも
きっかけは偶然に
起こるもの

でも
それは偶然ではなく
必然である

最終日
ものすごい
サプライズプレゼント
ありがとうございました。

テンパってて
Simのチャージ
し忘れました。

ヤバイぜ(。>д<)

拍手[2回]

破けとる!


以前に持ち帰った時は、
手荷物で持ち込みができたので
とても安心していました。

今回は
ダメだと言う
こわれものシール貼ってもらって
天地もいったんだけどなぁー

なんか
出てくるときは
無操作に
ベルトの上にべたんと置かれて
出てきた。

破けたケースの中は
まだ怖くて見てません

なんかなってたら
どーしょー(。>д<)

しかし
仕方ない

まず
スーツケースからお片付け

明日からまた
レッスンをみっちりと
頑張りましょうね

長い休み明けは
いつも基本からしっかりと
始めます。

なるべく
初心者の方は
続けて来てくださいね

お待ちしとります

拍手[1回]




graphics by アンの小箱 * designed by Anne